いづうの成り立ち

イメージ画像天明元年(1781年)に現在地で創業し、初代いづみや卯兵衛の一字をとって屋号をいづうといたしました。
 私どもの名物鯖姿寿司は、京の町衆がハレの日や祭りの日に好んで食べた家庭の味を、料理人として初めて世に送り出したものでございます。創業当時、市中で暮らす人々にとって、ひと塩ものの鯖といえば大変なご馳走。おめでたい日には各家庭で寿司をこしらえ、みなで食する風習がございました。
専門店を構えるにあたっては、素材、製法に吟味を重ね、日本一への気概をこめて包装紙に富士山、三保の松原を描いております。

イメージ画像創業から現在にいたるまで、お茶屋様には大変なご愛顧をいただいております。花街には長きにわたって受け継がれた独自の文化があり、寿司にも味、見た目にお座敷にあう仕立てが求められます。お座敷へ寿司を運ぶ仕出しの器に、色絵の古伊万里(こいまり)や特別に誂えた蓋付きの食籠(じきろ)をご用意しているのはお座敷の格を考えてのこと。京舞を見ながら寿司を一つ二つつまんでも、器の中がまだ美しい盛り付けは、花街と共にあったからこその工夫といえます。

イメージ画像長くお座敷のお客様を中心に商いを続けたいづうでしたが、一方で一般のお客様のご要望に気軽に応えられる場についても思案しておりました。現在の本店で、お召し上がりの席をもうけたのは1970年ごろ。6代目主の決断です。爾来、現在もみなさまに広くお求めいただき、もとは花街の旦那衆のお持ち帰り品に見合うよう考えた木版画の掛け紙も、いまでは季節ごとに替わるいづうの四季としてお楽しみいただいております。